院内雑感

 年齢重ねた言うても、まだまだ齢(よわい)三十ン歳、不惑の年まで数年残っている私。

 このくらいの年齢だと入院経験のある方って、決して多くはない。

 と言うことで、よく聞かれる質問を基に、入院中に感じたことをいくつか。

・入院食はマズイ?

 答えはNoです、断言できます。不味くないレベルではなく、私的にはおいしいレベルと感じました。

 医療費も削減傾向にある昨今、栄養士さんが栄養価の計算してるんだか、コストの計算してるんだか、よくワカラン、そんな世の中になってしまいましたけど、病院の、そして栄養士さんの努力を非常に感じる食事でした。

 ちなみに私、ほとんど3食完食 唯一、手術翌日の夕食だけ、少し残しました。手術後の痛み止めの点滴で、気分が悪くなる人が中にはいる、そんなことを看護婦さんが言ってました。それとあと、前日は絶食で水も×でしたからね、いきなりご飯食べて、胃がもたれちゃったのかも知れません。

・入院生活は快適?

 ヒジョーに難しい質問ですね。Yesでもあり、Noでもあると言う感じ...。

 確かに、三食昼寝付き、ナースコールボタンを押せば、誰かが来てくれる、そんな生活ではありますし、仕事もしなくて良い...。極力、お医者さんも看護師さん達も、患者が快適になるよう、努力している姿勢は強く感じました、治療面、メンタル面、両方でね。

 「タマには入院ってのも良いかもなー」なんて友人が言ってましたけど、健常者が入院病棟に居られるのは、せいぜい2日が限界じゃないですかね、返って病気になってしまいそう。

 周囲には当然のことながら、病人ばかり。

 暇なときに良く言っていた、図書コーナー、この場所が手術室の近くなんですよね。

 「昨日、お婆ちゃんが脳卒中で倒れちゃったのよ...」

 「今、病院。夫が手術中なんです。」

 いろんな人が家族やら知人に電話している会話を聞くと、紛れもなく病人の中にいることを感じてしまいます。まぁ、私自身も病人だったワケなんですけど。

・医療従事者の労働環境は激務?

 コレは間違いなくYesですね。医師会病院でも、市民病院でも、主治医の先生、いつ休みを取っているんだろ???ってくらい、病室に来てくれました。朝の7時くらいに一人で部屋にいらして、傷口消毒。30分くらいしたら、呼吸器外科長の先生と二人で来室、これまた看護師の引き連れなしで問診。時には夜の消灯前にも、確認のため問診や傷口を診に来たり...。16時間勤務とかザラなんじゃないですかね。

 看護師さん達も、決して多くはない人数で、必死になっているのを感じました。

 結論として、しなくて済むのであれば、入院なんかしない方が良い です。

 病院食と言えば、O市民病院では、週に3日、食事を選べる機会がありました。事前にアンケート用紙が配られて、それを回収箱に入れる形でした。

例えば、某日の昼食

A食 米飯 鱒のマヨ風味焼 グリーンアスパラ 八宝菜 お浸し バナナ

B食 中華飯 揚げ餃子 バナナ なめらか杏仁豆腐

また某日の朝食

A食 米飯 味噌汁 温泉玉子 れんこんの炒め煮 牛乳

B食 黒糖クロワッサン クロワッサン 中華風スープ ケッチャップ炒め リンゴ 牛乳

こんな感じB食はチョット豪華なので20円増です。

12月2日朝食

12月2日朝食

↑その某日朝食がこんな感じ。

 

 好き嫌いもあるでしょうし、若い方だと揚げ餃子のような油モノが食べたいとか、私のように朝はパン食が良いとか、患者の希望もあるでしょうから、こう言うのはありがたいです。あと、選べる楽しみってのもありますね。

 そうそう、 比較 のページ
 で書きましたけど、患者側としても技術の進歩によって、快適グッズが増えたと思います。その一つがデジカメ。10月の1回目の入院のときから、入院食、ぜ~んぶ写真に収めました。手術直後の写真撮ってもらったり とか、自分なりにも気分転換の術を少しずつ習得している気もしますにひひ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。