生還!♪

昨日はオペでした。朝から食事抜きはもちろん、水も×、コレ辛い(涙)
当日2件目の手術ってことで、1件目が終わるまで部屋で待機。
午後になり、ようやく呼ばれました。
手術室には歩いて入室。テレビドラマでみたような世界が広がっています。
何年か前にジュビロ磐田の中山隊長が、全身麻酔かかるまで何秒かかるか数えた、なんてのを思い出して、やってみました。
1.2.3.4.5.6でバタンキューでした。7カウント目は手術後の4時間後でした。
お陰さまで無事に生還!?です(^o^)v
本人的には意識のない内に終わるので、麻酔さえ効いてしまえば一瞬なのですが、待っている方は、気が気じゃないようです。
感想は山ほどあるので、また退院したら追記しますね。

 ↑入院中の日記

----------

 ↓入院後の追記

 手術が終わったのが18時過ぎ。身体は、どんよ~りとした感じで、なんとなく重い。

 オトンとオカンが帰り、配偶者も帰ってしまって、個室に独りぼっち。でも、時々、看護婦さんが様子見に部屋に入ってくる。手術後3時間ほど経った夜9時、

 「今から、水分取っても良いですよー」 の、ありがたいお言葉。

 自分じゃ起き上がれないから、ベッドを起こしてもらって、持参したペットボトルのお茶を飲んでみました。むせることもなく、無事に飲み込めて一安心。ここで、誤飲してしまう人も少なくないんだそうな。

 で、就寝。でも、眠りがなんとなく浅い。ちょっと寝ては起きる、の繰り返しでした。カレコレ3回くらい夜中に起きたように記憶しています。

 4回目かな、起きたら、ようやく窓の外が明るくなっていた。しばらくして、看護婦さんが入ってきた。時間は朝の7時過ぎ。部屋の電気を付けてもらう。恐る恐る、腕と身体に力を入れてみると...

 一人で起き上がれたチョキ

 さすがに左脇とその周辺は、違和感があるけど。身体からは漏れてる空気や、血液、体液を外に出すためのチューブが1本、刺さっている。あとは、アソコにオシッコを出すためのチューブガーン あとは鼻に酸素供給の管。コレも見てくれが少々よろしくない...。

 30分ほどして、朝食。おかゆが出てくるのかと思っていたら、常食でした。ベッドの隣のデスクに置いてくれたのですが、手が届かない。仕方なく、ナースコールボタンを押す。

 意外なことに、全部食べることができた。思ったほど、身体のダルさはない。

 朝食後、しばらくして主治医のMK先生が来られた。

 「Tさん、アーって、長い間、声出せます?」

 「ア~ッ」

 「ゴホゴホッって咳払いできます?」

 「ゴホゴホッ」

 「お、いーですね、空気の漏れ、なさそうです。また後できますネ。」

 またしばらく時間をおいて、MK先生と呼吸器外科長のSG先生が一緒に来られて、再び...

 「ア~ッ」 「ゴホゴホッ」 の確認

 今度はMK先生が若手の先生二人を引き連れて入室。二人の胸には「研修医」の文字。

 左脇に刺さっているチューブの抜管作業のご担当は研修医の方。あ、ちょっと緊張しとるで、この顔。あ、大丈夫、なんだか手が固まってるヨ...ま、大した作業じゃないし大丈夫やんね...と自分に言い聞かせる私。

 MK先生の指示の下、なんとか無事に作業終了。手術翌日にチューブが抜けるなんて夢にも思っていなかった。

 この日のウチに個室から大部屋(4人部屋)に戻り、点滴も抜けて、晴れて自由の身に

 昼食も無事に完食...したまでは良かったんだけど、お昼過ぎから、なんだか胃がムカムカした感じ。お昼過ぎに問診に来た看護婦さんに、その話をしてみる。痛み止めの点滴で気分が悪くなる人もいる、とのことだった。後は、昨日丸一日絶食、水も絶った状態で、いきなり常食を詰め込んで、胃がビックリしちゃったんじゃないかな。

 結局、夕食は少し残してしまいました。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。