朝からガッツリ

 トロッカーが抜けて、晴れて出歩ける生活になったとは言え、出歩けるのは、せいぜい廊下、階段、ロビー、屋上くらい。まぁ、それでも部屋にいるよりはマシなこともあって、ロビーや屋上で携帯いじくったりしていたのですが。

 入院生活、1日の流れとしては...

 6:00 起床 特に起こされるワケでもなく、電気がつく程度。だから看護師さんが検温にくるまで寝ちゃっていることも度々

 6:15頃 検温 体温、血圧、あと自分の場合は血中酸素濃度(マラソンランナーとかが使っている携帯型のヤツでした)など測定

 8:00 朝食

 9:00頃 点滴 トロッカーがある間中は毎朝&午後に1回ずつ抗生物質

 10:00頃 先生の回診 問診と消毒がメインでした

 12:00 昼食

 14:00頃 点滴・看護師さんの問診

 18:00 夕食

 21:00 消灯 読書灯くらいは付けていても問題ナシ

↑こんな感じ。

 特にせわしないのが午前中。朝食食べて、点滴して、先生の回診があって、気づいたら11:30なんてこともザラ。そうこうしていると、スグに昼食が出てくる。

 アレはてなマーク さっき朝ご飯食べたばかりなのに って感覚。

 ちなみに10月28日の朝食は

10月28日朝食

10月28日朝食

↑ご飯、お味噌汁、鶏そぼろ、野菜のおひたし、海苔、野菜ジュース ご飯は毎食全て200g、結構なボリュームなんですよね。一週間の入院で、パン食の朝食は1回のみでした。

 で、アレコレしているウチに昼食で、再び200gのご飯。何せ、食べて寝ているくらいしかやることないから、太っちゃいそうにひひ

 あ、そうそう、お盆が(ご飯、お味噌汁、そぼろ)と、(おひたし、ジュース)で分かれていますでしょ!? コレがポイントで、右側が温かいモノ左は冷たいもの。配膳車は加温機能付きで、温かいモノが、ちゃーんと温かい状態で出てくるのラブラブ

 あと、お味噌汁とか、なんとなくだけど、具が多い気がする。食の少ない、ご年配の方が多いから、その分、若手は配慮されているのかも、と感じました。”若手”と言うほど若い年齢ではないんですけど、ナニせド田舎の病院、80代、90代が平均的な入院患者50代、60代でも若い部類に入る、なんて看護師さんが言ってた。確かに、30代の私、同世代は見かけなかったナ、多分、最年少。

 意外に快適なんですよね、気胸セットがついていることを除いては

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。