入院時、あると便利なもの

入院って経験したことのない方からすると、異次元空間と言うか、未知の世界。いざ入院!と言っても、何を用意したら良いのやら??って感じでしょうね。

入院する際に「入院のしおり」を渡されます。中に必要なものが書いてあって、先生や看護師さんから、病気ごとに個別に指示されることもあります。

入院時に渡されるもの

入院時に渡されるもの

入院案内と重なる部分もありますが、以下、あると便利なもの。

パジャマ・寝間着
病院でレンタルできることも多いです。レンタルできるなら、その方が楽だと思います。週に2,3回、取り替えて貰えますし、汚れた際とかすぐに交換できますからね。
点滴や注射の際に血が垂れてしまったり、食事の際に料理が飛んでしまったり...いかんせん身体が普通ではない状態で行動するので、普段よりも汚れます。
自前で用意する際は、頭から被るものよりも、前開きのものがお勧めです。回診もありますし、腕に点滴の針があるかも知れませんものね。

パジャマの上に羽織るもの
パジャマ一枚では辛いですよね、カーディガン一枚あるだけでも違います。上着にもなるし、ひざ掛けにもなります。

靴下
裸足でも問題ないですが、冬場は寒いです。長めの靴下があると重宝します。

スリッパ
歩いたときにパタパタと音のしないものが良いです。基本的に部屋は相部屋なので。

普段着
外出許可を頂けた際などに、すぐに出られるように、一着は置いておいた方が良いでしょう。

ティッシュペーパー
鼻かみにも、布巾にも、お菓子等を置く台にも変身する、魔法のグッズ。ポケットティッシュは一瞬で無くなるので、ボックスディッシュを枕元にひと箱置いておきましょう。

ウェットティッシュ
お手拭きにも雑巾にもなる、これまた魔法のグッズです。こちらもひと箱あると重宝します。

リップクリーム
病院内は、年がら年中、24時間エアコンがかかっています。唇がとっても乾燥します。

化粧水・乳液・クリーム
リップクリーム同様、お肌の乾燥対策は必須です。

楽のみ
吸い口とか、吸いのみとか言う名前もあって、正式名称は薬呑器と言うらしいです。

↑こんなヤツ。ベッドの上で起き上がれないとか、普段とは異なる体勢で過ごさなくてはいけないことがあるかも知れません。そんなときに大活躍。寝た体制で水飲むのって大変なんだから。
ストロー&フタつきのマグカップでも良いかも知れません。

ゴミ袋(ビニル袋)
ごみを入れるだけでなく、使用済みの下着やタオルを入れたり、整理整頓するのに便利です。

携帯&充電器
病室内は使用できませんが、デイルームや病院のロビー、待合室などで使用可能です。外の世界!?との大事な通信手段です。

ノートパソコン
あると何かと重宝します。軽い仕事は病室でこなせますし、スマホのテザリングでネット接続&メール接続していました。

デジタルカメラ
何かを記録しておきたいときにパシャリ!便利です。また意外と暇つぶしの道具にもなります。私は入院食を全食事、撮影して記録しておきました。

シャンプー&リンス&ボディソープ
旅行用の小さいのがあると便利です。入院時はお風呂には入れませんが、シャワーくらい浴びることができるところが多いです。
あと、お風呂に入れないしシャワーも浴びることができない、そんなときには洗い流さないシャンプーが重宝しますよ。

ざっと思いついたのをリストアップしてみました。
ほとんどのものは、病院内の売店で購入可能です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。